初めて SIMフリー

MENU

simフリーとは?

 

格安スマホという言葉を良く耳にします。
これに伴いsimフリーという言葉も頻繁に利用されます。

スマホに詳しい方ならともかく、一般的には意味が分からないひとも多くいるはずです。

順を追ってこのsimフリーを説明します。


そもそも携帯電話は各キャリアショップで購入することが正規ルートです。 もちろんネット販売でもキャリアのサイトを利用すれば正規ルートです。
キャリアが販売し、そのキャリアの契約を行い、その携帯電話を使う。これが今まで一般的に理解されてきたことです。

  • SIMロック
ケータイ電話にはsimカードが挿入されています。
そのカードを判別して電話番号やメールアドレスを間違えずに相手と連絡を取ることができるのです。
しかしこのsimカード、他社のカードでは使えません。使えないとはどういうことか?通信通話やネットが使えないということです。これをsimロックと言います。

  • 格安sim・格安スマホ
上記のようでは困るのが先ほど少し触れた格安スマホです。
そもそも携帯電話の電波は有限で、その使用には総務省の許可が必要です。
各キャリアはこの免許を持っているから電波提供ができるのですが、simフリーはキャリアではない企業がキャリアの電波をお金を払って借り、独自の付加サービスを付けて安く提供するものです。
これを格安simと言い、これらの企業が一緒に販売しているのが格安スマホです。

  • simフリースマホとsimフリー
しかしこのサービス、実はsimカードのみの販売も行っており、自由に購入し自分の好きなスマホを利用できます。
ここで登場するものがsimフリースマホです。
格安simを提供している会社から購入するか、それを提供している企業が借りている電波の大元キャリアのスマホしか使えません。
しかし、どこの会社のsimカードを入れても利用できるスマホ。これがsimフリースマホと言い、その特徴のことをsimフリーと言います。

最近ではsimロック解除と言い、キャリアショップに購入したスマホ本体を持って行くと、有料でsimロックを解除してもらえます。
ただし、修理や保証サービスが十分に受けられなくなる可能性が有るため、事故責任で行う必要があります。

詳しくないひとにとっては少し難しい話かもしれません。
  • simロック
  • 限定されたキャリア限定の契約でしか使えない状態
  • simフリー
  • どこのキャリアの契約でも利用できる状態
格安simは最近では急速に普及が進んでいます。お得に利用したいと思うのならこの知識は最低限理解しておく方がよいです。
 

格安スマホをsimフリーで利用する仕組み

 

携帯電話が国民の多くのユーザーに普及するようになって久しいですが、最近では多機能携帯電話と呼ばれるスマートフォンの登場によって、その活用の幅は更に広いものとなっています。

 

これまでの携帯電話の機能である通話やメールに加え、インターネットに簡単にアクセス出来る様になったため、動画や音楽といったオンラインコンテンツを外出先など、場所を選ばず自由に利用することが出来るようになりましたし、※クラウドストレージを利用することによって、大容量のデータをパソコンやタブレット端末など、他のデジタルデバイスと手軽に共有することが出来るようになりました。

 

こうした機能の発展に伴い、プライベートはもちろんの事、ビジネスの場においても様々な活用を行なうことが可能です。
しかし、こうしたオンラインコンテンツが発達するに伴い、扱われるデータの容量も巨大化しており、より高速で安定した通信環境が必須となっています。
大手キャリア会社の提供するプランは利用する容量が大きくなるほどその使用料金も高くなってしまうため、ヘビーユーザーにとっては月々の利用料金が大きな負担となってしまいます。

 

そのため、通信費を少しでも節約するため、利用するキャリアやプランを慎重に選ぶことが非常に重要になっています。
そうした中で近年大きな注目を集めているのがMVNOと呼ばれる所謂格安simを利用した格安スマホです。

 

格安simや格安スマホは大手キャリアの持つ通信網を他の通信会社が借り受けることで高速通信を安価に提供できる仕組みになっており、利用するプランによっては従来の半額以下の金額に通信費を抑えることが可能となります。

 

格安simを利用するには、それに対応する端末が必要になりますが、simフリーと呼ばれるsimロックがかかっていない端末であれば利用するMVNO事業者を自由に選択することが可能です。

 

格安simはデータ通信はもちろん、大手キャリアと同等に通話が可能なプランもあり、MNPにも対応することができるため、これまで使用してきた電話番号をそのまま使用することが出来るのも大きな利点です。

 

また、格安スマホ端末をセットで販売する事業者もあるため、どの端末を選べば良いか分からない初心者でも安心して利用することができます。
simフリー端末を用意しておけばMVNO事業者を自由に切り替える事も出来るため、自分の使い方に合わせて会社を切り替えるという使い方もできます。

 

オススメのクラウドストレージ

徹底比較!無料から使用できるクラウドストレージサービス30選
引用元http://www.ptengine.jp/blog/index.php/free_cloud_service/

 

関連ページ
simフリーの格安スマホでもテザリングはできるのか
LTEが使えるsimフリーの格安スマホは?
タブレットにsimフリーを選ぶ